アンティークな時計の魅力

アンティークと呼ばれる時計。マニアにとってはとても魅力的な物でその価値は値段などでは表せられません。その中でどんな時計がアンティークと呼ばれるのだろうか。アンティーク時計それは主に1970年代まで生産されていた時計でゼンマイを動力として時を刻む時計の事を指します。一般的にアンティークという言葉は生産されてから100年以上経っている美術的に価値のあるもので、時計と言うのは人々の間で普及していなかったためアンティークと呼ばれるまで月日が経っておらず時計好きの中ではヴィンテージと呼ばれています。しかし一昔前と比べると腕時計と言うのは人々の中で親しまれ安価で購入できる物になりました。その中で現在でもマニアの中ではアンティーク時計をつける方がいます。そんな方に注意してもらいたい事があります。それは「水」「磁気」「衝撃」です。特に水に関してですが、アンティーク時計となると防水機能がありません。中には防水機能が付いている時計もありますが、長時間水に浸かる事はできず、故障の原因となってしまいます。次に衝撃ですが、アンティークと呼ばれるだけあって月日が経っています。なので劣化している可能性もあり、少しの衝撃でヒビが入ってしまう事などよくあります。次に磁気についてです。時計は帯磁するとゼンマイが反応して精度がなくなる可能性がありますので気を付けてください。なので磁気を発しているテレビやパソコンなどの近くに置く事は望まれないです。ですがアンティークと呼ばれるまで長生きしていますが、常にいつ壊れてもおかしくない状態です。今では技工士の数も徐々に減っています。そのため頻繁にメンテナンスに出す事が良いでしょう。その中でオーバーホールをする時にはお店選びも大事です。「近くにあるからそのお店でいいか」などと言って簡単に済ませてはいけません。遠方でもきちんと修理やメンテナンスをしてくれる業者に依頼をする事が大事です。